最新作『無人地帯 No Man's Zone』(2012)
〜福島第一原発事故、失われゆく風景、そこに生きて来た人々〜
第62回ベルリン国際映画祭フォーラム部門正式出品作品
DVD 2月20日より発売!amazon.co.jp 配信はこちら

9/20/2011

僕は今、猛烈に怒っている

昨日、東京で数万人規模の反原発デモがあった。

 大江健三郎氏がスピーチしたりで話題性を作り、古典的なデモとしてはようやくそれなりのデモになったことは評価すべきだろう。2003年2月のアメリカのイラク開戦に反対する世界同時デモは、僕が参加したベルリンでは15万人、それが東京ではたった5千人だったそうだし。

ただし今「反原発」でデモを行うのなら、古典的なデモでは済まない状況にあることを忘れてはいけない。

まだ震災からたった半年で、死者たちの喪に服す人たちや、その余裕もなく避難所で暮らす人も多く、仮設住宅に入っても今後の見通しがつかない人が9割を越えているという調査結果もある。

こと福島第一原発の事故で避難を余儀なくされている人たちの置かれた事態は深刻だ。 そして「反原発デモ」をやるのなら決して忘れてはならないのは、事故は東京ではなく福島で起こっているということだ。

東京には「我々は被害者だ」と言う人たちはいるが、実際の被害はあるのか?あるとしてもそれは福島県の、こと第一原発から北西方向の人たちとは比べ物にならないはずだし、生活の基盤をすべて失った20Km圏内や飯舘村などの人たちとも比べ物にならないし、農産物の放射線汚染だけでなく風評被害に苦しめられる農業者・漁業者とも比べ物にならない。

「我々は被害者だ」というのは一応、構わないとしておくが(ただし同時に加害者でもあることを忘れてはならない)、もっとひどい現実の被害を受けている人がいることを無視するのはさすがにおかしい。

そしてそうした被災地から見れば、「デモなんてやってるんだったらボランティアに来て除染を手伝ったらどうだ?原発事故は現実であって、『原発止めろ』と言ったら解決するもんじゃないんだぞ」といった怒りの声が出て来ることは当然予想されるべきだ(そして現にあった)。

ところがデモに参加するならそれくらいの想像力と覚悟を持ってるもんだろうと思ったら、そうでもないらしい。

僕自身は先述のベルリンでのデモで「イスラエルぶっ殺せ」という集団もいたのがいわばまあ、トラウマでして、デモに参加する気はない。また故・土本典昭の教訓「映画を撮っている時は運動はするな。運動する時は運動だけして映画は撮るな」をもっともだと思うし肝に銘じているので、今『無人地帯』という映画を作っている以上、デモに参加することはない。

まあそれに青少年の頃から20代にはそれなりに参加したことも多いし、今は他の表現の手段を用いるべき立場にいることもあるし、もともと、こと日本における集団主義・集団行動は性に合わない。はっきり言ってデモに参加するのは退屈だし苦痛なのだ。 
だからといってデモに参加すること自体は批判するべきだとも思わないし、ちゃんとやってれば評価すべきだ。 
ただしあくまで、ちゃんとやっていればの話だ。 
僕は皮相なマスコミではないから、「大江健三郎氏が来ました、何万人参加しました」だけの皮相な理由でデモの成功を評価することもない。 

そしてはっきり言っておくが、まず「参加もしてない奴が文句を言うな」と参加者が言い出すデモはまったくダメなデモであることは断言できる。

そもそもデモの目的が分かってないだろうに、そんなことほざくのは。

なんのためのデモだ?


社会にアピールするためだろう?


それは特に「参加していないその他の人たち」に対して自己の主張をアピールすることだろうに。


 批判を受けても自身の主張の正当性を堂々と発言するなら立派だ。どんどんやって欲しい。

だが「参加もしてない奴が上から目線で文句を言うな」って、あんたらの内輪の集団マスターベーションだけが目的のデモならぬ「デモごっこ」なら、ただの社会の迷惑だろうが。自分らの「デモに参加した俺ってえらい」の上から目線こそまず反省しろ。

 だが、それだけならまだ可愛いもんだったりする。

それに今時の日本では40歳過ぎてもデモ初参加とか、つまりそれまでデモだとかの社会運動が未成熟だったわけで、だから参加者もまだ未熟なのは仕方がないだろう(つったって、あんたらじゃあこれまで在日コリアンがデモをやったり、釜ヶ崎のおっちゃんが暴動やったり、元従軍慰安婦のおばあさんたちのデモとか、どう考えてたわけ?どうせゲイ・プライドなんて軽蔑と差別のまなざしで見てただけだろうにどういうダブスタだよ、とかちょっと言いたくもなるけど)

 しかし今やってるのは、福島第一原発事故に誘発されての「反原発」デモなんでしょ?そうでなければ、福一が事故るまでの40年間なにも言わなかったってのは、おかしいよね?

ならばその事故の直接被害者やその周辺から、「そんな暇なことやってるなら除染手伝いに来い、こっちは必死なんだ」と文句を言われることくらい、甘受するのが当然だろう。

少なくとも誠意を持って答えるのが筋というものだ。

 だいたい、そんな当然の想定の範囲内の苦情にも対処出来ないのでは、東京電力の「想定外でした」を笑えないはずだし、しっかりとした主張の誠実なデモをやっているのなら、自ずからそんな苦情も出て来ないだろう。

少なくとも、デモが表現行為である以上、それくらいのことは万全の努力をやっておくべきことだ。
それは我々の映画だって同じことだ。別に原発事故についての映画を作る義務なんて誰も主張していない。作ったからエラいなんてこともない。 
ただし原発事故が起こって、それが東京の電力のための原発で、そして多くの人たちが避難を余儀なくされているときに、その人たちを無視して平然としてられるなら、映画云々以前に人としておかしい。 
被災地に映画を撮影に行く以上、「迷惑だ」と言われることも「そんな暇あったら瓦礫の片付け手伝え」「あんたの映画に出ることで我々になんの得があるんだ」と叩かれることも覚悟して行って当然だし、そう言われないような行動は自ずから考えなければ、撮れるはずがない。 
現に基本、「ただの迷惑」なのだから。 
ただし我々が福島浜通り飯舘村で撮影した時に、そんな体験はまったくなかったことは、ここに報告しておく。 
二度だけ「映画に出たってなんのとくにもならない。損するだけだから」と撮影は断られたことはあるが、それでも撮影はしないでも話はずいぶんと聞かせてもらえた。 
…と書くと「自慢だ」とか言い出す卑屈な人がいるに決まってるから先手を打っておけば、我々はなにも特殊なことはやってない。むしろ浜通りや飯舘村で我々が出会えた人たちが、それだけ人格の高貴な方達だっただけのことだ。
ところが一部の、「反原発デモに参加して来ました」と言いたがる人たちは、ひたすら自己陶酔だけなのか、こういう当然の人間としての他者への尊重がまるで欠如しているらしい。

だから福島県民からさすがにウンザリの批判が出たら…なんと単純に怒り出すのである!

これはびっくりしたわ。あんたらどこまで愚かで傲慢なんだ?

  だいたい「原子力はこのままでいい」なんて思ってる人なんて、今の日本でまずいない。「そこから先」がないから相手にされないんだ、ってことにそろそろ気づくべきだろうに。

もう事故から半年も経っているのに、その程度の学習もないのか?そんな程度だったら、誰にも真面目に相手にされなくたって当然だ。

 しかも40過ぎて人生初デモに参加したのが勲章で「俺は引きこもりじゃないんだオタクは卒業したんだ社会参加したんだ」ってのがプライドになるとしたら、相当に虚しい…っていう自覚すらないらしい。

 あるいは47歳で初めてデモに参加して興奮しちゃってることをからかわれたら「上から目線だ、許せん」とか叫んでるオッサンってのは、あまりにも人間が小さいわけだ。

いやこれだけじゃ言葉が足りません。そんな奴らってまさに無思慮なマジョリティの小市民の偽善そのもの。その歳までマジョリティであるが故にデモとか社会への怒りとか感じずに済んだ幸運を感謝しろ、とくらいは言いたくなる。 

原発それ自体はポテンシャルに危険で倫理的問題もあるものだけど、その存在が大きなこの国の構造の中でであり、もはや我々の生活が否応なく原発と持ちつ持たれつの関係にあることをどう意味論的に乗り越えて行くのかの意識も持てないなら、半年もなに寝ぼけてたんだってことにしかなるまい。 

まして福島の原発は、東京の電気を作り続けていたのだ。柏崎の原発が中越地震で止まったのと前後して、福一の原子炉の耐用年数が延長されると報道されたときに、あなた方は新聞を読んでいなかったのか?柏崎停止で電力危機が懸念された結果、福一では耐用年数を過ぎた原子炉が稼働し続け、そしてそれが今事故になっているのだ。

「東京のため」だよ。

東京の電力危機が懸念されていなければ、福一の1号か3号までの原子炉は、もうとっくに止まっていたんだよ。そうしたらこの事故だって起こっていない。この事故が起ったのは、東京のため、我々のためでありあなた方のためだったんだよ。

そんな今、東京で「反原発」デモをやるときに、原発事故でいちばん直接被害を被っている人間たちのことを無視できるなんて、東京の人間ってどこまで身勝手になれるのか?というかどれだけ世界観が矮小なんだ?

だいたい、40過ぎるまであんたらの電力が福島に原発を押し付けることで供給されて来たことを忘れるな。 我々は、あなた方は、立派に加害者でもあるのだ。

それが後ろめたいからって言い訳のように「今日のデモには福島の人たち専用のコーナーがあって」って、それって福島からのデモ参加者を自分たちのエクスキューズの人寄せパンダに使ってるだけじゃん。もっと酷い搾取だよ、あんたらのその人たちの存在の利用の仕方は。

デモというのがその程度の上っ面のパフォーマンスを必要とするのは認めよう。だからって無批判を強要するのはただの幼稚な独善だろうに。 

しかも「デモには福島の人もいた」をいいわけに、福島から上がって来る不満や批判を無視できるのだとしたら、それが自分たちにとって都合のいい(=自分たちに服従し、脅威にならない)「福島県民」しか認めない、ってことに他ならないではないか。

それってまさに植民地主義者が「植民地民だって感謝してる」と言うのと同じ論法であり、明白に差別であり、植民地主義だ。 

なおテレビの取材で福島に行って避難させられた人とかを撮影したなかで、僕がこれだけは、と評価しているのは姜尚中さんだ。 
郡山のビッグパレットで避難してるおばさんたちに取材して「東京の人たちにだけは言われたくない」とはっきり言える自由を担保したあの人は、凄い。 
本当はそれが言いたくても、浜通りの人たちって気さくなようで実はもの凄く礼儀正しいから、東京から来た取材者に面と向かって「東京の人にだけは言われたくない」とはなかなか言えないものだ。 
 まして東京にデモに来る人はそれを封じ込めてでないと、来られないんですよ。 
だって東京の残酷冷酷って、マジで怖い。 まさにあなた方のその無神経さは、どんなホラー映画よりも恐ろしい。ナチス並みに恐ろしい。
だいたい、どうもデモに行った自分はエラいんだと興奮してる独善屋さんたちには、人間関係の基本すら想像がつかないらしい。

反原発デモやるからには福島県民の気持ちを踏みにじるべきではない、って決して全面賛成しろという意味でも、「代弁しろ」という意味でもない。ただ君らのやり方が、ハタめにあまりに身勝手で誠意に欠けてるんだよ!とはっきり言っておこう。

【本日の怒りの結論】反原発デモに行った人が福島県出身者にケチつけられたとき、顔を真っ赤にして「会場には福島県民の場所が用意され」だから福島県も代弁されてる、文句を言うなと言い出した瞬間、そのデモ参加者は田舎差別の植民地主義者であることを自ら暴露したことくらいは自覚すべきだ。

だいたい、他人に向かって堂々と正義を主張する気概もないのなら、批判されても堂々と自分の主張を述べるのでなく、ただ批判した相手を罵倒し中傷することしか出来ないようなデモならば、デモなんてするな。まったく情けないったらありゃしない。


ここがそもそも、根本的に間違っているのだ。


その程度の正義ごっこだから肝心の当事者を置き去りにして、ただ自分たちの内輪で集団マスターベーション。なぜその正義を信じてデモに参加するなら、その正義を堂々と主張しない?そんな根性で世の中変えられると思うのか?悩みつつデモするならそれを正直に述べよ。


自分たちの信念を正々堂々と口に出来るわけでもなく、ただ集団でつるんだ安心感が持てる中でしか声を上げられないのであれば、それはデモを装ったただの匿名性のファシスト集団に成り下がるだけ。関東大震災後の「朝鮮人が井戸に毒を」とどこが違うんだ?ただ当時よりは報道機関がしっかりしてるだけで、だから無実の朝鮮人でなく、現実の事故が捌け口になっただけだろう。

なおちなみに、「反原発デモ」などで極めてありがち(今回もあったらしい)な無自覚な差別/植民地主義は、その田舎のなかでの中央集権の側の、福島なら福島市、郡山市などから東京の組織がオルグして来た参加者がいるだけであったりするのに「福島県も代弁されてる」って思えたりするのだとしたら、もっと悲惨だ。

…いやだから、それはいわば…地方都市って、その田舎における東京の出張所みたいなものだよ。

そうやって自分たちと話が合う、東京と価値観を共有できる「福島」だけは受け入れるって…どこまで無自覚で無知で差別意識の固まりになれるのだろう?

まさに「踏み絵の強要」そのものだ。なんの権利があって、あんたらはそんなことが出来るのだ?

まして曲がりなりにも映画なる複雑でデリケートな(かつ一歩間違えれば強烈なプロパガンダ装置)表現体系に関わる者が、そりゃいくら「放射能怖い」で興奮して「放射脳」状態(笑)だからって、そこまで安易かつ無自覚な独善的ファシズム的心理状態にハマっちゃってていいの? 

そしてそういう自分たちの興奮状態をちょっと批判され揶揄されたら「上から目線」だって(失笑)。いい歳してどこまで幼稚なコンプレックスに囚われてるんだ?

いやコンプレックスは誰にだってある。だからってそれが無自覚かつ無批判に放置されていいのかといえば、そ ん な わ け な い じ ゃ ん、あえて名指しは避けるが某映画監督!
まったく、『東京公園』とか作っている映画は立派なのに、本人の言動には心の底から呆れるばかり。だいたい震災後の東京で「生きるのが大変」って…どこが?「一人の国民として映画作家として何が出来るのか」だって? 
自意識過剰で自惚れ過ぎ。 なのに「上から目線が気に入らない?」ああ情けない。
そんなこと誰も、あなたにも、映画にも期待していない。そんなもん芸術の役割でもない。「国民として」なんて言うなら自衛隊にでも入って災害救援にでも行きゃいいだろうに。 
ただいい作品が作れれば、「国民」に限らず見た世界中の人になにかが伝わり、それが原発とはなんなのかを真剣に考えたり、故郷を失わされた人たちのことを慮るための道具にもなるかもしれない、というだけだ。無論やりたくなけりゃやらなきゃいい。 
そんなことで誰もあなたを責めたりしない。そんな卑小な被害妄想なんていい加減にしろ。

まして自分たちが東京にいて、田舎を差別することで自分たちの生活に必要な原子力発電所であるとかを地方に押し付け続けていて、その押し付けられた地方を「原発マネーで汚れた推進派」とか言い募ったり、ただ「推進派」や「東電」を巨悪と決めつければそれで自己満足って…それはファシズムだよ。 

そういった「傲慢なる東京一人勝ち」の構造に東京人は無自覚だとしても、「自覚してないから罪はない」なんてことになるわけがない。

当然ながら例えば福島浜通りにいる人たちの多くは、その傲慢な構造にどこかでは気づいているのだ。

だからあなた方の無神経な行動は身勝手の我欲と受け取られても仕方がない。

まあ震災と原発事故を経て、日本人ってここまで狭量で思いやりのない身勝手な民族になっちゃったの、ってのが僕にはいちばんショックだったわけです。

考えてみれば浜通りや飯舘村で映画を撮ったのは、そのショックに対するセラピー効果でもあったのかも知れません。そこには普通に善良な日本人がまだいたのだ。

27 件のコメント:

  1. あなたの怒りがあまり理解できません、自分の感受性の鈍さだと思うのですが、あなたが何に怒り、誰に何を求めているのか、よく解らないのです。
    都市の人間が、原発電気の享受者が、原発反対の意思表示をすることが、それほどいけないことなのでしょうか?黙って無関心でいることがお望みなのでしょうか?
    なんとなくあなたの怒りは、あなた自身に対する怒りのように感じます。
    どうすればいいのか、そこに目を向けないと、感情をぶつけらても途方にくれます。
    原発を止めないと、脱原発に国家体制をシフトしないと、福島崩壊原発は処理できないし、厳正な放射線対応もできない、そのためにはデモも必要ではないのでしょうか。
    世の中には様々な人がいます、それぞれがお互いに攻撃し合っても、喜ぶ者は誰でしょうか。
    今、必要なのは、協力できる相手とはできるだけ手を組み、共通の目的のを達成することではないでしょうか。

    返信削除
  2. 「原発電気の享受者が、原発反対の意思表示をすることが、それほどいけないことなのでしょうか?」というような安易な誤読しか出来ない人が増えていることこそ、問題だと思いますね。あなたには他人を思いやるということが分からないのでしょうか?オール・オア・ナッシングでしか物事が考えられないのでしょうか?
    人間というのはそんな薄っぺらなものではないはずですよ。原発の電気を享受して来たなりの反対のやり方をすればいいだけのことでしょうに。
    しかしあなたがそのような薄っぺらに「正義」を気取りたいのであれば、ご勝手にどうぞ。
    僕が批判しているのは「デモをすること」ではなく、「デモをやっている(願わくば一部の)人」の、目に余る無神経な独善と身勝手さです。
    「お互いを攻撃」?他人様のことを平気で踏みにじって気づきもしない人にそんなこと言う資格があるはずもありませんよ。
    しょせん「自分が攻撃された」からというだけで感情的になってるだけでしょう?

    返信削除
  3. …っていうか、もう黙ってるのがイヤになったのではっきり言おう。今までやれ「反原発デモだ」と言いつつ反原発の主張より自分たちの無神経な自己満足を優先させて来たあんたらのなかで、誰一人として「喪章の着用の義務化」を思いつかないことに、僕は毎回呆れてましたよ。
    あとデモ開始時の「震災犠牲者のための黙祷」、とくに「原発事故の避難命令のため、20km圏内で瓦礫の下で生き延びていながら見殺しになった皆さん」のための黙祷。
    いつになったら気づくんだよバカっ、って。
    ここまで教えてやってるんだから礼金くらい寄越せってんだ(笑)。まとめて福島県内の被災者のために寄付するから。

    返信削除
  4. 私には監督のおっしゃること、よく分かります。
    デモに参加したからといって今まで「無関心」だった罪は消えません。
    免罪符になるわけが無い。

    喪章や黙祷でどれだけ伝わるかは分かりませんが、少なくとも、
    「今までごめんなさい。せめてこれから起きない様に原発を止めようと言ってみます」
    という心が出発点であって欲しい。
    (ホントはこんな事書くのも恥ずかしいのですが)

    ただ、反原発デモに参加してる人の中にも、現実的に被災者支援や、被曝の可能性がある子どもを救おうと実際に行動されている方もいらっしゃいます。そういう人達は少なくとも監督がおっしゃってる事は肌で理解している、と感じます。

    返信削除
  5. 脱原発のデモは脱原発のデモであって、福島県の被災者を追悼するためのデモではないし、正義を気取るためのデモでもないと思っています。
    もちろん、僕は何万人かの内の一人でしかないし、代表者でもありませんが、追悼するためには、正義を気取るためには、それにふさわしいやり方があり、脱原発のデモにその役割を担えなるとは思えません。
    福島で起きたことは必ず東京でも起きる、目に見えない、時間差攻撃はすでに始まっています、じりじりと顕在化しています。
    東京圏の人口から言うなら、五万人ではなく、百万千万の人がデモに参加するべきだったと思っています、今、きっちり封じ込めないと、あなたが目にした福島の惨状は東京でも起こる、やり方さえきちんとやれば、今からでもかなり被害を抑えることができると僕は信じています、だからデモに参加した。
    正義ではなく、自分たちの生存のために、必要だからデモをしたのです。
    福島県の被災者は金を必要としているかも知れないけれど、寄付は求めていないと断言できます、そういう発想こそ、思い上がった東京人の発想ではないでしょうか?

    返信削除
  6. はい、「脱原発のデモは脱原発のデモであって、福島県の被災者を追悼するためのデモではないし」と言ってる時点で、ではあなた方がまともな人達に相手にされないのも当然であることを自覚しなさい。
    あなたのような身勝手で他人のことをなにも考えられない人はこのブログでは相手にいたしませんのであしからず。

    返信削除
  7. 「福島県の被災者は金を必要としているかも知れないけれど」って、どこまで他人様を貶めれば気が済むんですか?どこまで日本語が読めないのでしょうかあなたは?読んでもいないブログにコメントをされるのは迷惑です。
    ちなみに僕が要求しているのは追悼の意の表明です。それも出来ないのならあなた方の行動が下らん自己満足しか目指していない内輪のバカ騒ぎと見なされて当たり前です。

    返信削除
  8. 「世の中には様々な人がいます、それぞれがお互いに攻撃し合っても、喜ぶ者は誰でしょうか」。誰が喜ぶのか知りませんが、それこそが現にあなた方が「反原発デモ」と称してやっていることに他なりません。
    そして追悼の意すら表することができないあなたがたの幼稚な他者攻撃に過ぎないデモごっこに苦言を呈されるとヒステリーを起こす。どこまでもあなた方の稚拙な行動と身勝手な幻想のなかで、あなた方が自爆しているだけです。
    たとえばきちんと震災被災者、わけてもこの原発事故が原因で命を落とされた方に対する哀悼を表明できてれば、軽蔑され呆れられ怒られることなんてなかったんですよ。少しは自分の行動に自分で責任を持ちなさい、「爺」と名乗るほどの年齢であるのなら。

    返信削除
  9. はじめまして、まにわ くいざめ と申す者です。以後よろしくお見知りおきを。

    いや~驚きました、一粒で二度おいしいみたいな。世の中には藤原様のような真の識者がいる一方で、どうしようもない馬鹿もいるのですね。爺様の質問に対する答えは全て記事の中に記載されているのに、そんなことにも気がつかないとは。

    返信削除
  10. Kp さん、もちろんこの「はなたか爺」みたいに他人の文章も読まずにコメントするほど身勝手な人達ばかりがデモに参加しているとは、僕も思ってはいません。だからこそこういう身勝手な自己愛の固まりみたいな方ばかりの声がデカいことが腹立たしくもなります。
    まにわくいざめさんの指摘する通り、この爺さんは質問する前にまず文章読めばいいのに…。でもまあ、自分のことしか関心が向かない人が、「俺って偉いだろデモ参加して」って言いたいだけでデモに行ってる典型なんでしょうなぁ…。

    返信削除
  11. 直接的加害者の東電と行政の罪がうまい具合に省かれてる気がします。

    筆者さんが書いてるのは三次被害?的なものだと思うけど。

    返信削除
  12. sanaenene9/26/2011

    観点のずれが感じられました。両方とも正しいと思いました。色んな意見があるんですね。これからも時々読ませていただきます。映画も機会があったら是非見せていただきます。

    返信削除
  13. JIRA¥さん、大変に失礼ながら、そういう論点逸らしの責任の誤摩化しが、僕はとても嫌いです。幼稚園の子供だって「◯◯ちゃんの方が悪いじゃないか!」とか叫んだら、親御さんや先生にこっぴどく叱られるものです。

    返信削除
  14. 匿名9/27/2011

    藤原様

    一度コメントを投稿したのですが、文字数が多かったのか、反映されませんでした。
    なので、一言だけ。

    怒って頂いてありがとうございました。
    デモとは比べものにならないほど、嬉しいです。

    返信削除
  15. 佐々木(以下秘密)9/27/2011

    福島県在住です。ありがとうございます。事故後初めて、心が落ち着く文章を読みました。

    返信削除
  16. 匿名9/27/2011

    こんにちは。初めてここのブログを読ませていただきました。私の心にぼやーと思ってたことが書かれていました!私は今回のことで脱原発希望(正しくは徐々に原発依存度を減らしたい)、ですが、間違ってもデモに参加いたしません。当初から主催者のメンツを見てその背後にある偏った思想が気になっていました。私にはエゴの集まりにしか見えません。参加している私はえらいでしょ?という完膚なきまでの自己満足。そういうのには参加せず私は福島のボランティアに参加しました。また行くつもりです。デモに参加するんなら本当にボランティアに行ってほしいです。

    返信削除
  17. 福島のことはすべて東京で決めてるんだから、東京でデモするのは重要だと思います。
    デモ参加者も一律ではなく、呼びかけの一番の中心である鎌田さんは40年来原発に反対する文筆をしてデモにも積極的に加わってきた人。主催者事務局も長年、反対し続けてた人たち。中核的な部隊も長年の活動者。
    ちなみに私はチェルノブイリ直後から都内の主なデモのほとんどに参加しています。なお、福島出身。親族も多くが福島在住。
    今回、いろんな人が新たに参加してくれたことは、非常に有り難い。自己満足でも、ハンパでも結構。どんどん参加してほしいと思います。何もしない、何も反応しないよりずっといい。

    返信削除
  18. ぴーすさんとおっしゃるお方。前半に関してはなぜこのブログ・エントリーとまったく関係のないことをわざわざコメントされて論点を逸らそうとなされるのか、意味が分かりません。
    後半に関しては、本文中にすでにその考え方に問題があることを指摘してあります。
    最低限、ちゃんと読んでからコメントする程度の礼儀はわきまえて頂けませんか?
    そういう当たり前のことも出来ない人が一部にいるだけで、デモをやること自体の意味がなくなってしまうのだということが、まだ分からないのでしょうか?デモはあなたのような方の自己満足のためにやることではない、とこのブログに明記してあるのですが?

    返信削除
  19. ぴーす9/30/2011

    特定の「某監督」個人への怒りなら別に何ももうしません。一般論に拡張されているようにも感じたので、通りがかりによけいなことを申しました。
    もっと、ざっくばらんに言えば、都合のいい(=自分たちに服従し、脅威にならない)「福島県民」だけを福島県民としているのは某監督と同レベルでは? 結局、何も知らずに、「『反原発デモ』をなどで極めてありがち(今回もあったらしい)な無自覚な差別/植民地主義」とは何? 出来れば具体的に指摘してみたいただきたい。主催者側がどういう議論をしてきたのか、どういう人たちなのか、ご承知とは思えないのですが。単に「某監督」さんに頭に来たからと言って、反原発デモを差別/植民地主義と断言されるのは愉快ではありません。
    どんな浅はかで独善的な背景でもデモに参加してくれる人は脱原発にプラス、何らかの「福島県人」を代表してるようなつもりで、斜に構えてデモ批判されるよりはマシ。
    ちなみにデモに参加するために「想像力や覚悟」を持つ必要なんてありません。どんな経緯があっても、これまで無自覚でも、あるいは今までは推進派でも、加害者側でも、いま原発やめたいと思えば来たらいいのです。差別者も植民地主義者も来たらいい。ボランティアもいいし、デモだっていい、出来れば両方やればなおいい。
    何に価値があるかの認識は多様です。福島の声もいろいろです。
    まあ、通りがかりに余計なことを申して申し訳ありません。デモは立派な人だけでやれ、とも読めたものですから反応してしまった訳です。
    大衆の自律的な立ち上がりを期待する立場の私としては、覚悟のある人以外は立ち上がるべきでない。立ち上がったのな立派な中身がないのはけしからんというご立場が、反民衆的に思えたものですから。なにしろ、決起する民集というのはいつでもどこでも有象無象が寄せ集めで付和雷同者や諸々の思惑の混合物ですから。

    返信削除
  20. 長々と自分のヒステリーを吐露しながら、投稿している先のブログをなにも読んでいないことをますます暴露されるのは、あまりに無様だと思いますよ。
    デモは社会的な行為です。あなたの言うような自己満足で終始するのが愚かなのであって、「立派な人」かどうかの問題ではありません。
    甘ったれるのもいい加減にしてはいかがでしょうか?大の大人がデモに参加する以上は、その自分の役割と責任に自覚的であるのが当然でしょう?

    返信削除
  21. 「『反原発デモ』をなどで極めてありがち(今回もあったらしい)な無自覚な差別/植民地主義」については、読めばちゃんと言及して分析してありますよね。このような(あなたのような「正義ごっこ」に耽溺する方にはありがちな)自己中心的な言いがかりでヒステリーを起こしてる人が多いからダメなんでしょうね。そもそも僕が問題にしているのは「主催者」ではなく、あなたのような言動に走る方に代表される個々人の問題なんですけど?いったいなにをお読みになっているのでしょう?

    返信削除
  22. niji_201110/28/2011

    至らない所だらけの人間が寄り集まっていますから ダメなことは数限りなくあると思います。この私のコメントも藤原敏史さんの気分を害するものになるのかもしれません。

    でも黙って立ち去れなくなったのは
    このような「諍い」や「分断」を
    為政者たちはどれほど喜んで見ているだろう
    と思うからです。

    今私たちが「ヒステリック」になっているのは
    今の政府のやり方(放射能基準値を引き上げ粛々と冷静に人々を被曝させている)や東電の不誠実さ(国民を舐めきってバカにして食い物にして来たのが明るみになったのにも関わらず これからもそれを続けようと
    平然としていること)に対してです。

    はっきり怒りがあるのです。
    私もヒステリックにはなりたくないと思いますが
    静かに平常心で怒るのはなかなか難しいのです。
    どうかお察し下さい。

    その想いをどうすれば表現できるか…
    この怒りをどう為政者に伝えるか…
    恐らくその一点で人々はデモに参加されているのでしょう。

    福島の被災者への想いが足りなかったと言われれば
    確かにそうなのでしょうネ。
    でも明日は我が身と身につまされ真剣に想いを重ねるからこそ強烈な怒りを感じているのです。


    そこに至らなさは合っても悪意や蔑みのような
    ものはないと信じて下さい。


    みんな福島の出来事を自分のことのように考えています。
    そして悲しみ泣きこのようなことを起こした政府や東電 
    そしてそれを無関心という罪で黙って許して来た自分自身に怒っているのです。

    私たちが今闘うべきはその「敵」とではないでしょうか。

    敵を見誤り 分裂や内輪もめは敵を攻撃する力(改革の力)を弱め
    自虐的になり最後は何も出来ないという
    虚しさで終わることになります。

    これまで散々見て来た図式です。

    今は力を合わせこの国の「悪いもの」をしっかり攻撃し
    打ち破るために頑張りませんか?
    そして良い国に作り変えて行くために建設的な話し合いをしませんか。

    説教がましく本当にすみません。


    でも闘うにも創るにも必要なのは協力する力だと思うのです。

    それぞれの人間がそれぞれ出来ることをしています。
    足りないことは許し合って一緒にやって行きませんか。


    よろしくお願いいたします。

    返信削除
    返信
    1. …っていうか、勝手に「諍い」を起こしているのがご自分たちである、という自覚はないんですか?

      削除
  23. niji_2011さま、
    仰ってることは分からなくはありません。でもそれって、厳しい言い方をしてしまうなら、しょせんは自己中心的でわがままないいわけに過ぎませんよね。

    あなたが今いちばん闘うべき相手は、無自覚どころかわざと原発の危険性に気づこうとすらせずに安閑として、その「為政者」や「東電」にひたすら依存して来た「自分たち自身」だと思いますよ。

    自分が変わろうともせずに社会を変えられるわけがない。そこに気づけずに、ただ自分の責任を忌避したいあなたに「協力」することは出来ません。自分に「協力しろ」とか押し付けがましくおっしゃる前に、なんなら僕に協力してもらえませんかね?

    …っていう皮肉を言われる可能性に気づきすらしないところが、まずおかしいのだと思いますよ。

    返信削除
  24. 「 敵を見誤り 分裂や内輪もめは敵を攻撃する力(改革の力)を弱め 自虐的になり最後は何も出来ないという 虚しさで終わることになります」、だからこそ「敵」を見誤って自分たちの責任から逃れ、他人を差別し排除することにしか興味を示さない一部の「原発デモ」参加者、またの言い方を自称(インチキ)反原発の人達は反省して黙るべきでしょうね。

    返信削除
  25. 土日にデモやるくらいだったら日雇いバイトして稼いだ金を経産省前のテント村においていけばよい。十月十日(トツキトウカ)福島の女たちを中心に原発反対を掲げているし稼げる額も交通費に満たない額だがそちらのほうがまだマシだろう。「頑張ってください。私、脱原発です。」と言ってお金を置いていけばすむ話。

    返信削除
  26. 匿名8/14/2012

    お恵みみたいなお金ならお断りします(by福島県民)

    政府や東電を責めるよりなによりまず最初は、福島におっかない電源を押し付け&依存し&しかもずっと知らんぷりしていたことに対しての反省を、何をするにもいつも自覚したうえで行動してほしいという事です。

    その心があれば、せめてデモする都度開始前に、緊急避難の為にがれきの下で生きていたかもしれないけど救出に行けず、結果見捨てられた請戸地区の人々などに対する黙とうぐらいはしなきゃなんねぇ!という気持ちになるはずです・・・・

    福島県民が背負った苦しみの大きさを少しは想像して、それからモノを言ってほしいという事です。

    藤原監督のおっしゃることは、福島県のみならず、風評被害などでとばっちりを受けている隣県の方々にも、また、大多数のデモに対し違和感を感じる方々の心に訴えかけるものだと思います。

    返信削除